キテルキテル新作「半熟サキュバス サキュエムトルソーしぃし~」について

キテルキテルから新作のお知らせです!

今回、キテルキテルが送る新作は……

「半熟サキュバス サキュエムトルソーしぃし~」

です!

 

 

 

本作はキテルキテル史上最長の開発期間……

なんと、約5年の歳月を経てようやく世に出ることとなったタイトルです!

本作の企画の始まりはサキュエルおっぱいとほぼ同時期。

つまり、2014年春くらいのお話ですかね。

実は、企画当初に想定していた仕様と、

最終的に完成形とした製品の仕様は大きく異なっています。

どのあたりが明確に違うかというと、

当初は「二穴式」「骨入り(ABS樹脂製)」トルソーとして開発されていたのですが、

5年の間にいろいろとありまして……。

それでは、5年の開発期間で何が起こったのか。

こちらを振り返りつつ、いつものように商品紹介をしていきたいと思います!

 

まず最初に行ったのは、トルソーの外見の調整です。

ロリトルソーとして理想の体型を追求しよう!ということで、

半熟サキュバスシリーズのイラストレーターでお馴染みの「くろまたたび」先生にも

造形についてしっかりと監修していただき、

何度も修正を重ね、約1年ほどかけてワックス型を完成させました。

 

 

 

そうして次にトルソーに入れる骨の設計に入っていくわけですが……

この時期。2015年初頭。

トルソーホール界に革命を起こした「あのタイトル」が発売されます。

骨入りトルソーが先に出てしまったのは悔やまれますが……

とはいえ、過ぎた話はもう仕方ありません。

それにオナホ業界……いえ、そこに限定しなくても

同時期に似たようなアイデアを思いついても、

スピード競争に負けてしまうというのはよくある話ですから。

 

そういう事情もあって、一旦偉大なる先駆者様の使用感を試してから、

良い点と悪い点を洗い出してサキュエムトルソー

骨の形状を考えようということになりました。

 

まず最初に出てきたのが「骨の形状はよく考えないと挿入感がキツすぎる」という点。

そして、ロリトルソーだから「腹ボコ要素は入れたい!」という点があったため、

お腹の部分は空けて肋骨ももっとよく見えるように……と試行錯誤し、

それでも試した結果まだキツかったから股間部の骨はもっと削って……と、

調整を続けているうちにまた先に似た商品が出てしまい……。

商品開発は本当になかなか難しいものですね。

 


(ABS樹脂製骨格の修正依頼画像)

 

こちらについてもよく研究をした上で、

一部肉薄になり骨が露出しやすい箇所があることを発見し、

製造の中で注意するよう心がけました。

 

たくさんの調整を重ね、これでようやく完成!

……となればよかったよかったのですが、

ここでまた新たな問題が。

骨に穴を空けたり削っていった結果、

骨が入っているのに重量を支えきれず、

まっすぐに立たない状態(イナバウアー状態)になっていたのです。

それに加え、実際に使用した際の刺激も弱くなっており、

これには流石に開発を一時停止せざるをえませんでした。

 

気付けば、開発からここに至るまで約3年……時は2017年です。

3年間続けてきたものをほぼゼロの状態に戻すには相当な勇気が必要でしたが、

最終的には「骨入りをやめよう」という決断を下すこととなります。

 

振り出しに戻ったサキュエムトルソー開発。

ここで今一度、今作で本当にやりたいこと、捨てられない要素を考え、

商品コンセプトを新たに見直すこととなりました。

再出発となったサキュエムトルソーの新たな大きな2つのコンセプトは

「しぃし~ギミック」「ロリ特有のキツキツ使用感」です。

 

何度も試作した結果、今の技術では使用感の良さも両立させた骨格

作ることが出来ないという判断を下したわけですが、

しかしそれでも何か骨に代わるような、

トルソーという形状ならではの臨場感を楽しめる遊び要素が欲しい……

その結果出てきたのが、サキュエルひっぷ発売後からご好評の声を頂いていた

「しぃし~ギミック」でした。

(しぃし~ギミック搭載に伴って腹ボコ要素は見送りになりました……)

 

 

これでトルソーをより楽しむためのギミックは決まりましたが、

やはり、ロリトルソー刺激が弱め……というのも看過出来るものではなく、

まずは使用感の気持ち良さを向上させるため、

締め付け感を強くするためにどうしたらいいかを考えました。

そして、そのためにはどうしても肉厚が必要だという結論に至り、

元々二穴仕様で製造していたものを一つの穴のみに仕様変更することに。

 


(二穴時のサンプル。当時は尿道も無く、ABS樹脂製の骨格も入っていた)

 

一つ穴仕様になることで、確かにある程度の改善は出来ましたが、

それでも満足とは言い難いレベルの使用感からなかなか抜け出すことが出来ません。

なかなか良くなる兆しが見えない状況のまま足踏みし続けながら

迷走に迷走を重ね、いつの間にやら時は2018年。

企画開始から約4年目に突入していました。

 

相も変わらず使用感の向上に明け暮れる日々。

ところが、事態は思わぬところから急展開を迎えます。

 

実は、以前からトルソーの使用感が

なかなか良くならないという話をホットパワーズ様に話していたのですが、

夏頃にふと

「そんなに困ってるなら硬く作れる素材配合についてアドバイスしましょうか?」

とのご提案が!

「是非お願いします!」とすぐに返事をし、

いただいたアドバイスを元に、硬い素材配合の研究を進めるよう工場へ依頼をしました。

 

「素材を硬くするのって簡単じゃないの?」と思われる方も多いとは思いますが、

実際の所は硬くしながら挿入時の気持ちよさも損なわないようにするのはなかなか難しいのです。

加えて今回は二層構造ということもあり、

外の素材との相性も加味しなければならないため、

長い間素材問題で苦しんでいたわけでして……。

 

ともあれ、ホットパワーズ様のお力添えもあって、

ようやく気持ちよさを損なわず硬く仕上げられるようになり、

使用感の問題も無事に解決することが出来ました!

 

……のですが、サンプルで良かったはずの硬度が

量産するとなんだか少し使用感が緩くなっているような……?

生産された個体を全数検査してみると、

量産すると大きくブレが発生したり、

生産環境によっても個体に応じてバラつきがあるようです。

 

これはなんとかしなくては……と、

調整に調整を重ねることさらに約半年間。

冬にはなんとか調整を終え、そこから再度量産を続けて今、

2019年夏に発売するに至る……といった感じですね!

 

道中様々なトラブルが起き続けていましたが、

なんとか発売に漕ぎ着けることが出来たのは様々な方のご協力、

そして何よりも提携工場様の5年にも渡るご協力のおかげです。

普通であれば投げ出されてもおかしくない状況の中、

最後までお付き合いいただけて本当にありがとうございました……!!

 

 

それでは、ここからはサキュエムトルソーについて

商品紹介をしていきたいと思います!

 

本作ではパッケージに大型商品としては初めてとなる

スリーブによるキャストオフ仕様を取り入れており、

今までのキャストオフパッケージと比べると

約4倍近くの大きさがあるため、

脱がせる際の迫力もなかなかすごいことになっています……!

 

また、スリーブへの印刷もかなりこだわっているため、

衣装の透け具合などにも注目していただけると嬉しいです!

 

内部についてはサキュエルひっぷの際に習得した

「二段階成型」を行うことで二層構造の利点が十二分に発揮されるように、

また、とにかくキツキツな使用感に仕上げるため、

内部素材はホットパワーズ様からアドバイスをいただいて作り出した独自の配合で、

サキュエルひっぷよりも硬めで狭めの挿入感に仕上げております!

 

そして、本作ではサキュエルひっぷと同様にエネマシリンジが付属しており、

これがまた潮吹きプレイ、お漏らしプレイ等が楽しめると同時に、

洗いづらいホールの洗浄にも役立つ便利アイテムなんですよね!

 

こちらのエネマシリンジも結構な苦労の元に作られたアイテムだったりするのですが、

それについてはサキュエルひっぷの紹介記事を見ていただければなと……!

 

 

これはサキュエムトルソーに限った話でもないですが、

大型ホール等の高額商品はしっかりとメンテナンスを行い、

カビや雑菌を繁殖させてダメにしてしまわないように、

弊社製品「ながもち!メンテキット」をホールメンテナンスの際に

利用していただくことで、より長く安全にホールを使い続けることが出来ます。

 

また、弊社製品「らくちん!サポートキット」

ホールを使う際に利用していただくと、

ホールを持った時の嫌なベトベトや、

挿入口からのローション漏れを防ぐことが出来ます。

使う終わった後にはオナホール使用に特化した低刺激洗浄剤

しっかりと汚れを取り除く!

 

 

内部構造についてですが、

前述の通りサキュエルひっぷよりも狭く、キツめの使用感を実現させています!

そのため、ぐねぐねとうねる無次元系の内部構造が更に活かされ、

最奥部には少し広めの空間、バキュームポケットが出来たことで、

吸い付くような刺激もプラスされていますね!

 

 

開発期間5年以上のタイトルは流石に今後はもう二度と出てこないと思います……w

ここまで時間をかけて開発することを許してもらえる社内環境に感謝ですね。

 

もう少しリリースペースを早く出来ればとは思っているのですがこれがなかなか……

でも、今年はこれから結構タイトルが出るとか出ないとか?

 

ともあれ、キテルキテル史上最長の開発期間となるであろう超大作

「半熟サキュバス サキュエムトルソーしぃし~」

をどうぞよろしくお願いします!

 

発売日は「9月1日(日)」です!

Follow me!